先輩社員紹介

true

製造部

K・K(23歳)

出身:日本大学  生産工学部 電気電子工学科 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    薄膜製品の製造

    私の仕事はファイバーやガラス、結晶などに薄膜加工を行うことです。具体的な仕事内容の1例を以下に紹介したいと思います。
    まず、ファイバーを1本ずつ個別に管理するため、シリアルナンバーをリスト化し、数本ごとにまとめます。その後、顕微鏡や溶剤を使用し、ファイバー端面の数μmレベルの細かい汚れを落とし、蒸着装置でファイバー端面に薄膜加工を行います。加工後、薄膜の特性が仕様を満たしているか測定し、顕微鏡でファイバー1本ずつの外観検査を行って、良品と不良品に分けます。最後に良品のみを出荷用に梱包し、検査成績書を作成して、お客様に出荷しています。
    薄膜加工の仕事以外にも、蒸着装置や治具のメンテナンス、顧客の仕様に合わせた膜の設計や、データ処理も行っております。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    出荷したときの達成感、自分のスキルアップを感じたとき

    最初に薄膜加工を行う製造1課に配属されたときは仕事内容になじみもなかったので、全く分かりませんでした。しかし、先輩方に蒸着装置や洗浄方法、測定器や顕微鏡の使い方を丁寧に1つ1つ教えていただきながら、徐々に仕事の進め方や装置の扱い方などを覚えていきました。
    配属されてから3ヵ月ほどで、初めて1人で製品を出荷できる状態まで行えるようになったときの達成感は今でも忘れられません。また一部の仕事は、まだまだ先輩のサポートが必要な場面もありますが、蒸着装置や検査装置の扱い方、メンテナンスや修理を覚えることで、自分のできる仕事が増えた時に、「スキルが上がった!」ことが実感でき、やりがいを感じます。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    「モノづくり」で社会に貢献したかった

    私がこの会社を選んだ理由は、モノづくりの仕事がしたかったこと、研究開発に関わる仕事が多いこと、光の最先端技術に触れることができること、さらに蒸着装置のような大きな機械を扱うことができたためです。会社説明会で工場見学をした際、蒸着装置を見せていただいき、私たちが日常で使用しているものに薄膜加工されたものが多く使用されていると知り、私もモノづくりを通じて社会に貢献したいと感じたのが大きなきっかけでした。

これまでのキャリア製造部 製造1課 1年 → 製造部 製造2課(現職) 1年

先輩からの就職活動アドバイス!

多くの企業を見てまわることで、「ここだ!」と思える企業に出えるはずです。仕事内容、会社の雰囲気、福利厚生、プライベート時間の確保、などなど。人それぞれ重視することは違うと思いますが「ここだ!」と思える企業に出会うためにも、視野を広げましょう。そして、多くの企業を研究しましょう。きっと、就職活動も成功するはずです。

他の先輩社員を見る

  • 製品用途や工程を理解し、少しずつスキルアップ!

    true

    製造部

    K・A(27歳)
    京都府立大学  生命環境学部 農学生命科学科 卒
  • 「仕様を実現する方法」を考え試す仕事

    true

    技術開発部

    S・S(27歳)
    東海大学 大学院  理学研究科 物理学専攻 卒
  • 最先端のものづくり

    true

    製造部

    K・N(32歳)
    ものつくり大学  技能工芸学部 製造技能工芸学科 卒
連絡先:
株式会社オプトクエスト
〒362-0021
埼玉県上尾市原市1335
採用担当
TEL : 048-724-1811